[キャンプツーリング]バイクに荷物をどうやって積むの?荷物の積載方法を紹介

キャンプツーリング

ツーリングとキャンプ、両方を楽しめるキャンプツーリング。男のロマンですよね。しかしキャンプツーリングは車で行くキャンプと違い考えなければならないことがたくさんあります。

特に頭を抱えるのは荷物の積載だと思います。ただでさえキャンプは沢山の道具が必要です。今ではキャンプツーリングように小型のキャンプ道具も数多く販売されていますがリュック1つで行ける程甘くはありません。

しかしバイクに荷物をロープでくくり付けたりするのは初心者にはなんだか難しそうに感じます。

そんなことで今回は、キャンプツーリング初心者の人に向けてバイクへの荷物の積載方法を紹介します。

スポンサーリンク

積載に必要なアイテム

大型バックやハードケースを利用すれば積載は簡単ですが、リヤシートやキャリアにコードやネットを使用して積むのが最も手頃で、様々な応用が効く方法です。

ロングコード

バランスよくテンションを均等に掛ければ、これ1本で大荷物を固定することができます。ネットを掛ける前の荷物のホールド用にも便利です。

4つ又コード

しっかりパッキングする前に一時的に荷物を固定するときに便利。濡れたレインウエアなど軽くてかさばる物の固定にも重宝します。

サイズ&色違いのネット

同色のネットやコードを複数使用すると外すとき順番に迷ってしまいがち。ネットは色とサイズ違いを揃えておくと便利です。

ネット用の予備フック

TANAX シートフック

車両にフックをかける位置は増設するなどで、荷物に合わせて調整も可能。その場合バラ売りしている予備のフックを用意しておくと良いです。

滑り止めシート

意外と忘れがちなのが滑り止めシート。これがあるのとないのとでは安心感が大違い。1枚だけではなく何枚か用意しておきましょう。

スポンサーリンク

バイクの荷掛けポイント確認

ネットやコードを使った積載のしやすさは、愛車の荷掛けポイントの数に比例します。愛車の装備を知ることが上手な積載に繋がります。もし荷掛けポイントが少ない場合は増設するなど事前に準備しておきましょう。

荷掛けOKポイント

車両標準装備の荷掛けフック

標準装備されている荷掛けフックはフレームに溶接されるなど大きな力がかかってもOK。基本の荷掛けポイントです。

リヤショックの取り付けベース

リヤ2本サスの取り付けボルトに荷掛けポイントを設けている車両も多いです。フックタイプに比べ外れやすいので注意が必要です。

タンデムステップホルダー

タンデムステップホルダーに荷掛けポイントが設けられている車両もある。荷物から離れているのでサブ的に使用できます。

シートの縁

荷掛けフックがなければコードをシートの縁に掛ける方法もあります。傷がつきやすい場合は、ちゃんと保護テープを貼ることを忘れずに。

タンデムシート下

ネットを引っ張ってフック同士をタンデムシートの下でジョイントさせる方法もあります。センターアップマフラーやタイヤ等に緩衝しないように注意です。

荷掛けNGポイント

ウインカーステー

ウインカーステーが折れ曲がるタイプはもちろん、固定式でもコードのテンションに耐えられないのでNGとなる。

タンデムグリップ

タンデムグリップはフックに対して太かったり、フックが動いてしまいがち。ベルトを巻いての固定ならOKです。

リヤショックスプリング

走行時のスプリングは予想以上に伸縮しています。ギャップの伸縮で外れたり、フックが破損する可能性もあります。

ナンバープレート

ナンバープレートは薄く静止時には大丈夫なようでも走行時の振動で曲がったり外れたりすることもあるので避けましょう。

ロングコード &ネットの使い方

ロングコード のかけ方

普段使いのバッグを1本のロングコートで固定する場合。まず片側にロープをかけます。

片側を決めたら荷物の上を交差させて、反対側にコード をかけて固定します。

最初からコード を張りすぎないのがコツです。左右対称になるようにコード をクロスさせます。

最後に全体的に均等にコードのテンションがかかってるかを確認して完了です。

ネットのかけ方

荷物は振動で少しずつズレるものです。均等にテンションを掛けるのが基本ですがライダー側にズレるようにテンションを掛けたほうが安心です。ネットを後方からライダー側に引っ張るように掛けるのがコツです。

スポンサーリンク

荷物の積載方法

タンデムシートに滑り止めシートを敷いた後に、テーブルなど平らな物をキャリア代わりとして積載します。

テーブルの上にチェアとテントを乗せてネットを掛けます。テーブルの上には滑り止めシートを乗せておくと安心です。

チェアとテントを固定したらその上に滑り止めシートを敷いて、寝袋とマットを乗せます。

最後にネットを掛ければ完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました