絶対失敗しない!!人気・おすすめキャンプ用品ブランドの特徴や魅力を紹介

キャンプ用品

みなさんこんにちは。トモコシです。

はじめてキャンプに行く人が最初にすることは、キャンプ用品を買うことです。

店頭に行って様々なブランドのキャンプ用品を見ているとオシャレなものばかりで全て欲しくなりますよね。

僕はお店に行くたびにお金持ちになりたいと思いますw

キャンプ用品には沢山のブランドがあり、それぞれ特徴があるので初心者の人はどれを買えばいいのか迷うこともあると思います。

例えばテント。初心者にとって難しいテント張りも、簡単設営を特徴とする製品もあればより軽量なタイプ、あるいはより快適な居住性を重視した製品もあります。

ブランドによって価格も様々ですし重視するポイントも違います。

初心者の人がキャンプ用品選びで失敗しないためには、各ブランドの個性や傾向、人気ブランド等をしっかり把握することが大切です。

今回はキャンプ用品で人気ブランドの特徴や魅力を紹介します。

スポンサーリンク

・Coleman

出典:Coleman facebook

コールマンは日本で最も認知度が高いアウトメーカブランドです。ランタンを思い浮かべる人が多いはずです。

創業は1900年のアメリカ・オクラホマ州。まだ灯油ランプが一般的だった時代にW.C.コールマンがガソリン式ランプを開発。圧倒的明るさが評判となり、ランプとストーブを主力製品として会社が発展しました。

1950年代からはテントやタープなどキャンプ用品全般を製造。製品ラインナップも非常に豊富でキャンプ用品ならコールマンで全て揃えることもできます。

安定した品質とリーズナブルな価格設定なので、まずはコールマンで全て揃える人も多いでしょう。

スポンサーリンク

・snow peak

出典:snow peak facebook

スノーピークは1958年日本の物作りの街、新潟県燕三条で誕生しました。

材質、機能にこだわり業界トップレベルの品質洗礼されたデザイン性により国内外で圧倒的人気を誇ります。

初代社長の山井幸雄氏が職人技術を活かした高品質で機能的な登山用品を作り、登山家の間で人気となりました。

1980年代後半より現社長の山井太氏がキャンプに着目し地表にダメージを与えない焚き火のための道具として焚き火台を開発するなど画期的な製品が人気となり日本のキャンプブームを牽引している。

スノーピークの魅力は高い品質と機能性だけではありません。シンプルでオシャレなデザイン性でオシャレキャンパーに絶大な人気を誇ります。

他のブランドに比べて価格の方は、品質にこだわっているため若干高めです。その分一つ一つこだわりがあり、ずっと使い続けられるようなキャンプ道具ばかりです。

良いものを長く使いたいと考える人におすすめです。

スポンサーリンク

・mont-bell

出典:mont bell facebook

日本のトップクライマー、辰野勇氏が1975年に設立。設立当初は寝袋の開発に着手していました。

コンセプトはFunction is Beauty(機能美)Light&Fast(軽量と迅速)。厳しい自然と対峙した経験から開発された製品は多くの登山家の心を掴んできました。

モンベルは特に素材の生地にこだわりを持っており寝袋やダウンに定評があります。国内産ですので日本人の体にフィットしやすいように作られています。

自社開発したスーパースパイラルストレッチシステムは「よく伸びる!」「動いやすい!」と高評価です。

しかしモンベルは、デザイン性にかけると不評の声もチラチラ聞きます。

ですが、リーズナブルな価格で高品質の製品は多くのキャンパーから愛されています。

スポンサーリンク

・Nordisk

出典:nordisk facebook

シロクマのマークでおなじみのノルディスク。1901年創業とその歴史は古く老舗ブランドです。北欧・デンマークで生まれました。

歴史の長いブランドながら日本に上陸したのは2010年とつい最近。ですが上陸と共に爆発的な人気を起こしました。

ノルディスクの代表作といえば、ポリコットン素材でできたテントやタープ

他のブランドが追求している「コンパクト性」や「軽量性」を一切無視し、圧倒的に快適な居住性を誇ることが特徴です。

テントの素材にポリコットンを使用されているので秋・冬キャンプに悩まされる結露が少なかったり、ポリコットン素材は熱に強いので焚き火の火の粉が飛んできても穴が空かないですし、テント内でストーブを使うこともできます。

テント張りやメンテナンスがやや大変で価格も高めなので初心者向きではないですがキャンパーなら誰もが憧れるブランドです。

スポンサーリンク

・CAPTAIN STAG

出典:CAPTAIN SATG ツイッター

1976年新潟県三条市のパール金属株式会社のアウトドア部門として始まり、日本初のトランク型BBQコンロを開発。以来持ち運びやすく使いやすいBBQグリルを次々に打ち出してきた。

小物から大きなテントまでとにかくアイテムのラインナップが豊富です。

アウトドア用品以外にも、カヌーや自転車用品も扱っているので色々な遊びには欠かせないブランドです。

目立った特徴というのはありませんが、とにかく低価格でラインナップが豊富なので誰もが手を出しやすいブランドです。

スポンサーリンク

・LOGOS

出典:logos ツイッター

30年以上の歴史を誇り、カエデロゴで知られています。

ネイティブアメリカン調の三角テントやかまどスタイルのグリルなどユニークな製品づくりが特徴。

ロゴスは、水辺5メートルから標高800メートルまでをキーワードに豊富なアイテムを展開しています。

ロゴスの最も大きな魅力の一つはアイテムのもつ高いデザイン性です。キャンプの時でもオシャレでいたいそう考えるキャンパーから非常に人気があります。

またディズニーやスヌーピー、ハローキティとのコラボアイテムなど目新しいアイテムも充実しています。

スポンサーリンク

・UNIFLAME

出典:UNIFLAME ツイッター

新潟県燕三条市で1985年に創業。焚火台やBBQグリルなど焼き物系に圧倒的なシェアがあります

「ユニークなフレーム(炎)」を創りたいというブランド名通り、個性的なデザインかつ職人の技術を活かした丈夫で使いやすい製品づくりが特徴。

サビに強く頑丈なステンレス銅を素材に用いている製品が多いです。本当に壊れにくいコンパクトに収納できるのも魅力の一つです。

価格も低価格に設定されているのでコストパフォーマンスの高いブランドです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました